« イタリアのおばあちゃん | トップページ | unite for japan »

2011年4月13日 (水)

もうすぐイースターです

          

          

コチラは随分(本当にびっくりするほど随分(゚ロ゚屮)屮!)暖かくなってきました。

          

朝晩はひんやりしていますが

正午から夕方までは 初夏?と思わせるほどの気温になります。(笑)

          

          

もうかれこれ17年我が家の足となり 

どこへでも連れて行ってくれている愛車は走行距離220000㌔に近づいてきました。

ぁ、ちょっと待ってね・・・えーと いちじゅうひゃくせんまん・・・(笑)

22万㌔ですね(苦笑) 

          

クーラーもラジオもついてないごくごくシンプルな車なんですけど

通常、屋外に駐車してるので

日中 車の中に乗り込むと もああああspaっと

目をつぶればプチセレブ!?な

サウナ妄想にふけることができる空間を味わえます。(なんじゃい?そりゃ?笑)

          

ワタシは1人で車に乗る時 すぐに窓を開けず

しばらく「子豚の丸焼き」になったつもりで

オーブンの余熱程度なら・・・sweat01ですが 

一汗かいて 少しでもいらん脂肪が落ちてくれへんやろか?

と期待を胸に1人でちょっと我慢大会を楽しんでいます。

              

んな事では、こびりついた脂肪は減らへんわな、、、(´・ω・`)ショボーン

              

福島第一原発の事故の評価が「レベル7」に引き上げられ

各国が色んな反応を示すなか

国際原子力機構IAEAがチェルノブイりとは別物という見方を発表しましたね。

Iaea

↑は、TBSの動画ニュースサイト 

News-i 「IAEA チェルノブイりとは別物と見解」より

突然のレベル引き上げに日本が、世界が動揺している中でのIAEAの発表。

難航をみせている福島原発の収束が見えない現時点では

この発表に皆が安堵できるわけではありませんよね、、、、、。

         

まだまだ大きな余震が続く東北関東地方

大震災から1ヶ月が経ち

地震にしろ、原発問題にしろ

『全く先が見えない』ところが厳しい部分だと思います。。。

         

         

被災地でがんばってる人たち

原発問題に直接携わってる人たちに感謝の気持ちを込めて

心からのエールを送ります。

         

遠くに住んでいて、その場にいない者が

外からやいやい言うのは、

自分も含めてですが何の役にも立たないのはわかっていますが、

いつも 心のどこかには

困難な状況におかれた日本があります。

がんばれという言葉も無責任な表現という気もしますが

がんばれ!と言わずにはいられません。

         

bud

90歳のおばあちゃんのバースディパーティーは素敵でしたよ。(にこにこ)

彼女はべっぴんでした。

明るい色の綺麗な花柄のワンピースにネックレスをつけて

髪の毛はふわふわと風になびくおかっぱ。

彼女と対面した時は なつこよと言ってもわからなかったのに

彼女の息子さんが○○会社の○○家の娘だよ 

あの小さかったなつこだよ と言うと

「あああ ○○さん、、、向こうは大丈夫?

 こんなに大きくなったのなつこ?わざわざ来てくれてありがとう」と

ぶちゅぶちゅ熱烈なキッスを受けました。(笑)

涙がこぼれちゃった。

         

可愛らしいおばあちゃん

あのきりっとした叱るときはちょっぴり怖かったおばあちゃんの影もなく

90才のバースディソングを皆が歌う中

ケーキのロウソクを恥ずかしそうに吹き消したはりました。

ホンマに素敵でしたshine

90歳ってこんなに美しいんや!ってびっくりしましたよ。

         

            

また、幼稚園小学生低学年のころの自分を知ってくれてる人たちから

暖かいハグを受けて 嬉しくてハートがぽかぽかしました。(笑)

            

腕を回せないくらい太い幹の大木だって初めは1つの小さな種から生まれ

9階建て以上の高い建築物も一握りの土から作り出される

90年と言う歳月はとてつもなく長い長い道のりだけど 

それは小さな1歩からはじまったものなんだよ。

という素敵な詩と銀の麦の穂(幸せを呼ぶんだそうです)を帰り際 頂きました。

そんなこんなです。 えへへ

bud            

            

そして、来週からはイースター休暇が始まります。

今回の学校のイースター休暇は21日から26日まで。

この休暇を利用して もう十年以上会えずにいた

義母の従兄弟(高齢のおじいちゃんおばあちゃん夫婦)に会いに

ヴェネツィアへ行ってまいります。(笑)

bud

それでは またね。

bud            

            

しっかり!ニッポン!!!

遠くからですが日本を見つめ続け応援しています!

            

            

            

 

|

« イタリアのおばあちゃん | トップページ | unite for japan »

うちんちの日常」カテゴリの記事

コメント

不謹慎かもしれないけど、「東日本大震災」がきっかけで、
懐かしい人たちと再会できた・・・・・「縁」とは
不思議なものですね。

投稿: トントンミー | 2011年4月15日 (金) 11時58分

しつもーん
イタリアのイースターは何するんでしょうか?
地方によって違うのでしょうが・・
知りたいww

投稿: おとう | 2011年4月15日 (金) 14時44分

トントンミーさん

こんばんわ。

本当にそうですね。
不謹慎だけど ワタシが日本に住む友人知人を心配したように
彼らもワタシの両親や家族のことを心配してくれていました。

幼稚園から小学校までの思い出なので
ところどころしか覚えていないのですが
彼らに会ってハグやキスを受けて
昔に戻ったような不思議な気持ちになりましたよ。

90才になったおばあちゃんの息子さんや娘さんから
今ではしょっちゅう「おチビちゃん 元気にしてる?」とメールを受け取ります。(笑)

遠い国からやってきた私たちを
家族のように受け入れてくれた人たち。

彼らもまた再び繋がった縁を
喜んでくださっていて
本当に嬉しく思っていますheart

投稿: こさ | 2011年4月18日 (月) 00時40分

おとう***さん

クリスチャンではないので詳しいことはわかりませんが

カソリックの国 イタリアでは
復活祭はとても大切なキリスト教のイベントですね。

復活祭の前には信者は日曜を除く40日間
食事の節制と祝宴の自粛が行われ、償いの業が行われる
四旬節を経て イエスキリストの復活を祝います。

地方によって風習の差があるのかどうだかわかりませんが
復活祭の食卓には羊のお料理や
朝鮮アザミのパイ包み「復活祭ケーキ」が並び

子どもたちは 中にオマケのおもちゃが入ってるチョコレート
(小さいものから かなり大きいものまであります)
を叩いて割って食べますね。

「クリスマスは家族で集まり
 復活祭は気のあう仲間と。。。」
と言うみたいですけど
我が家はいつも家族で集まります。

春の気持ち良い季節なので
大抵どこの家庭も復活祭の翌日は バーベキューをしたり
お弁当を持って外で楽しい時間を過ごすんですよ。

(笑)

投稿: こさ | 2011年4月18日 (月) 01時09分

こさちゃ~ん!すっかりご無沙汰しちゃった~(汗)お元気ですか?!?!

こさちゃんはコノ夏のお里帰りはどうするの~?
私は未だ迷い中。
毎日情報を集めては、やっぱり行こう!やっぱり止めようの繰り返し・・・
結論に至らず日々が過ぎてゆくのよ~(。>0<。)

90歳のバースデイかぁ❤
素敵だね!
お互い素敵に年を重ねようね♪

ぽちっ

投稿: mimi | 2011年5月 9日 (月) 14時33分

mimiちゃん

こんばんわ♪

お久しぶりですぅ(笑)

やっと骨折日記アップしました。w
いい年して足骨折して
家族に大変迷惑をかけてる母ちゃんです。(苦笑)

mimiちゃんちは
エッグハントよかったね。
うちんちは今年は残念ながらエッグハントの抽選に外れて(泣)
2日だけおばあちゃんちで過ごしました。(笑)

90才のおばあちゃん
可愛かったよ。

またmimiちゃんとこにも遊びに行くね♪
来てくれて ありがとうheart

投稿: こさ | 2011年5月11日 (水) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリアのおばあちゃん | トップページ | unite for japan »