フランス

2010年2月21日 (日)

シャガール美術館 その② / フランス

 

皆さん お元気ですか?

Dsc01647_01 

 

先日 念願のお墓参りの為

ニースとは反対 アドリア海に面した

トリエステ(Trieste)と言う町まで 行ってきました(。・w・。 )

 

金曜日の晩 Genovaで一泊して、おばあちゃんと一緒に土曜日に出発

雪の積もる山中を貫ける高速道路を走り

マイナス2度 霧で真っ白という場面もありましたが

なんとかたどり着き ダイスキなおじいちゃんに挨拶ができました。(笑)

 

こんな短い間にあっちへ行ったり こっちへ行ったり

忙しくしてますが

なんせ殆ど毎週末 お嬢の水泳の試合で

スケジュールがいっぱいなので、

突然キャンセルが出たら

おばあちゃんと5人でせっせと出掛けています。

 

そして今日も 

パパとお嬢は早朝から夕方まで 

マッサローザ遠征へ、、、 (゚ー゚;

 

4種目出場で丸々一日プールサイドで過ごさないといけない為

終わりきれなかった宿題持参で 

「ママ がんばってくるねー♪」と元気よく出掛けました。(笑)

 

ホンマ あんさん よぉ がんばるわ、、、

 

typhoon typhoon typhoon typhoon typhoon typhoon typhoon typhoon typhoon typhoon typhoon typhoon

一方 坊とワタシはお留守番

 

。。。と言うのも 明日 例の教会で坊のお誕生日パーティーを開催するので

てんやわんやヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ。。。なのね(苦笑)

 

年中さんになった坊 今年は「何人招待してもいいよ」と言ったら

全園児 45人招待しました (lll゚Д゚)

園児には皆兄弟姉妹もいたはるし、パパママ揃って参加しはる時もあるので

教会ぱんぱんやん!(笑うしかない)

てか 一体何人来はるねん!(泣くしかない)

 

 

 

まぁ なんとか なるでしょ。。。 

なんとか なるよね。。。(弱気。。。)

 

 

 

さてさて シャガールの続きでしたよね(笑)

 

Untitled1

コチラは 花びらを模ったようなステンドグラス

中央で優しく微笑んでるのはキリストでしょうか

 

なんとも穏やかな表情をしたはりますよね

ステンドグラスの青の濃淡も素敵 うっとりします。

 

Untitled2

 

シャガールにしてはちょっと珍しい題材

しかも なんだかフィンセント ファン ゴッホ調な色彩ですが

シャガールとゴッホが当時 交流があったのかは

ちょこちょこっとネットで調べてみても

定かではありません(何方かご存知ですか!?)

 

壁に掛かってる絵は愛妻ベラなのかもしれませんね。

 

Dsc00005 

 

何時になく 真面目に大人しく(笑)ガイダンス機器に耳を傾けるお嬢と坊

坊 寝癖せ なんとかしなさぃ(笑)

 

Untitle1 

 

旧約聖書 アブラハムとサラの前に天使が現れ

90歳のサラが身ごもったとのお告げを受けるシーン

 

アブラハムはその時100歳 

天使の横で 「ガーーーン」と青ざめた表情に見えるのは

ワタシだけでしょうか!?(苦笑)

 

長年待ち望んだ息子 もちろん彼自身も嬉しかったんでしょうけどね

一方サラは 神さまの恵みに大喜びでウキウキわくわくしながら

遠方からやってきた天使たちへおもてなししてる

そんな雰囲気がして 思わず微笑んでしまいました(笑)

 

D1 

 

そして こちらはイサクの燔祭 

 

あの時サラが身ごもった一人息子イサクを生贄に捧げるよう、

神さまに アブラハムが信仰を試される場面。

この試練を乗り越えたことにより アブラハムは模範的な信仰者として

ユダヤ教徒、キリスト教徒、

並びにイスラム教徒によって今日でも讃えられているそうです。(ウィキペディア引用)

 

愛する我が子を生贄に。。。 ぅーーーん いくら信仰深くとも

そこまでの事って出来ませんよね

アブラハムやサラはどんな思いだったんでしょうか

イサクだって たまったもんじゃなぃですよね。。。

 

ロシア系ユダヤ人だった彼にとって 

とても気持ちを込めて描きはった作品だと思います。

 

天使がイサクを生贄にしなくてよい。。。と告げる瞬間

色での表現も素晴らしいですよね

 

 

どんどん続きを書きたいところですが

今日はこの辺で、、、

 

そろそろ坊と明日のパーティーの下準備にかかります。(苦笑)

 

それでは またねー♪

いつも応援ありがとうございますっっheart

 

Br_decobanner_20091127172941  ← ダブルでよろしく (*v.v)。。♪ click☆   

         ← click☆ click☆

| | コメント (2)

2010年2月 3日 (水)

シャガール美術館 その① / フランス 

大変ご無沙汰しております(苦笑)

Dsc01537

みなさん お変わりなく麗しくお過ごしでしょうか。

うちんち この頃 めっちゃ寒いです。

朝は 車のガラスにこびり付いた氷をパキパキ削り取るのが日課です。

もともと怠けもんの母ちゃん

冬になるともっともっと怠けもんになってます。(笑)

更新サボりまくりで~す ごめんなさ~ぃ(/ー\*)

bud bud bud bud bud bud bud bud

今日のgoogleトップ画像

ダイスキな ノーマン ロックウェル氏の素敵な絵heart

Rockwell10hp

女の子がベンチの端っこを右手で持ちながら

バランスを保ちつつ男の子に身体を傾け

男の子はそっと彼女の腰に手を回す

中央が2人の重みで凹んだベンチ

女の子の手には2輪のマーガレット

眺めているだけで 優しい気持ちになれるよね(笑)

この絵もダイスキ!

Photo

子どもの一日って 結構大変

色んなことを見て聞いて体験して(笑) 色んな気持ちが生まれる

この絵を見ると 自分の小さかった時を思いだしたり

今のお嬢や坊の毎日のことを考えたりしちゃいます(笑)

bud bud bud bud bud bud bud bud 

音楽であったり

絵画や彫刻であったり

文章であったり

演技であったり

研究や仕事の成果であったり

どんな媒体であろうとも 

人々にちょっとした驚きや感動を与えられる人達って

本当に凄いなぁ~って思います。

bud bud bud bud bud bud bud bud

ワタシは無知でありながらも美術鑑賞愛好家なのですが

お嬢や坊にも

心で感じる自由な感動を体験してもらいたくって

赤ちゃんの頃から 美術館や博物館へ

せっせと,,,,run ,,,連れて行ってます。(・∀・)

bud bud bud bud bud bud bud bud

先日まで 近くでマルク シャガールの展示会をやってたのですが

ソチラと

Dsc01652_2

Genovaのおばあちゃんと一緒に日帰りでちょっくらニースにある

シャガール美術館まで 行ってきましたぁー♪(笑)

Dsc00038

この美術館は聖書のメッセージがテーマの美術館でして

中には 大作の数々だけではなく

可愛い宝石のような小さな礼拝堂(兼 小劇場?)もあり

Dsc00008

南仏の小高い丘の上に降り注ぐ陽光を

美術館内に上手く取り入れる建築設計が成されていて

シャガールの魅力が最大限にうつし出されています。

bud bud bud bud bud bud bud bud

前回訪れたのは十数年前 

あの時もGenovaのおばあちゃんと鑑賞しました(笑)

前回は確か お昼過ぎに鑑賞したんですけど

今回は朝! 

Genovaは凍り付いてたのに ニースに到着すると快晴♪

(v^ー゜)ヤッタネ!

Untitled1

携帯電話みたいなガイダンス機器を借りて 

美術鑑賞スタートです  いざいざ~(゚▽゚*)/

bud bud bud bud bud bud bud bud

のらりくらりの更新ですが(ぉぃぉぃ またかよ?苦笑) 

次回はシャガール!

乞うご期待!!

bud bud bud bud bud bud bud bud

それでは またね

いつも応援 おおきにですぅ~heart

Br_decobanner_20091127172941  ← ダブルでよろしく (*v.v)。。♪ click☆ click☆  

         ← click☆ click☆

 

| | コメント (10)